血液型占いの正しい活用法を知りましょう!

血液型占いは、もっともポピュラーな占いといっていいでしょう。ただし、この占いは日本以外ではほぼ行われていないって知ってましたか??4種類しかカテゴライズがなくほぼ自分の血液型を把握している日本ではお手軽なことから人気が出たようです。

さてそんな血液型占いですが、さきほどあげたように4種類に分類することができますがこれはオーストリアのカール・ランドシュナイダーにより発見された血液に含まれる赤血球の表面に現われる抗原の種類によって決められています。このような血液の成分の違いが人間の性格を決定するとは理論的に考えにくいということで、医学者や生理学者の間には血液型占いに否定的な人も多くあります。それでは血液型占いはまったく信憑性がないかというとそういったわけではなく、それぞれの血液に分類される人の当てはまりやすい傾向を統計的に見ていった結果、このような形になったので当てはまりやすい部分もあります。

また「この血液型はこのような性格」をいう思い込みから実際にそういった行動をとるようになるという「予言の自己成就」という心理学では呼ばれている現象が起こることもあります。このように血液型占いについては賛否両論ありますが、日本人なら大体イメージとしての血液型感がありますし、誰でも知っている占いなので、人とのコミュニケーションツールとして楽しく活用できたらいいと思います。また単純に知識として血液型ごとにどんな特徴があるのか知っておくのも面白いものですよね!!

ただし、この血液型はこんな感じだから自分とは合わないと思ってしまうこともあるかもしれませんし、自分の血液型占いの結果を見て落ち込んでしまうこともあるかもしれません。が、あくまでも占いは占いです。4種類の分類で、全てが決まってしまうわけではありません。ので、他の占い同様、持って生まれたとされるポジティブな面はさらに伸ばしていき、ネガティブな面は気にかけて改善していく、といったように楽しく、賢く活用していけばいいのではないでしょうか??血液型だけで全てを判断してしまうのは危険ですので注意しましょうね!

美白になる方法 おすすめ

アセットプランニング 受益証券

中目黒で人気のマッサージ店

広島市の賃貸マンションに関するご質問

着物買取大阪の買取専門スタッフ